前へ
次へ

人材派遣の面談が1つの勝負

人材派遣の求人に応募するためには、まず登録会に参加して担当者と面談していくことになります。
この面談は、アルバイトや正社員の面接と同じような役目になっていることが多く、この面談でどれだけアピールできるかが勝負です。
もし、スキルをアピールする事ができれば、登録した後に多くの求人を紹介してくれたりなど求人を探しやすくなります。
逆に面談で十分にアピールできないと求人をあまり紹介してくれない事があるので面談で大きく左右されます。
また、どのような仕事をしたいのかを聞かれることが多く、目指す職業によっては実務試験が行われることがあります。
例えば、人材派遣の事務職を目指す場合は、簡単なタイピングテストやワードやエクセル操作などの試験が行われることが多いです。
仮に、この実務試験で高得点を取ることができればスキルを証明する事が可能です。
タイピングやオフィスソフト関係の資格を取得していても、この実務試験で良い成績を残すことができなければあまり評価されないので注意します。

Page Top